間違った見える化は、会社全体のモチベーションの低下や、悪者探しにつながってしまう、数字を出すために多大な工数をかけている等々、多くの弊害を含んでいます。

それでは見える化を進めるコツは何でしょうか?


イベントご案内

この度日本最大の「バイヤーのバイヤーのためのバイヤーによる」
交流会第一回「バイヤーズハブ」が開催されます。

 日時:6月20日(土) 19時より
 場所:ZEST西麻布店
 会費:5000円

この会は購買ネットワーク会参加者同志が主催するもので、
通常の購買ネットワーク会は違った交流会形式の集まりになります。
今まで購買ネットワーク会は土曜のお昼に開催され、
お忙しい方々にはなかなか敷居が高かったかもしれませんが、
今回は多くの意識の高いバイヤーだけでなく、
バイヤー応援団とも交流ができる気楽な交流会になります。

是非ともこの機会をお見逃しなく!!

参加申込はこちらから
http://www.co-buy.net/modules/eguide/event.php?eid=35

本文はここからです。

----------------------------

最近「見える化」という言葉がよく聞かれます。

元々は工程管理におけるボトルネック工程の解決や
品質管理における品質改善などで良く使われていた
「目で見る管理」から進化してきた言葉だと思います。

「見える化」は購買・調達業務やコスト削減活動にも大きな寄与をします。
その点については次回のメルマガで書こうと思いますが、
最近の「見える化」ブームの中でどうも間違った「見える化」を
推進しているだけではないか?と思えるようなことが多々あります。
今回は「見える化」の間違えのない進め方についてポイントをあげていきます。

最近私は生活の中で、自分の健康管理の「見える化」をしていまして、
そこから多くの気づきがありました。
ですから皆さんにも分かりやすく「見える化」のポイントが
理解してもらえるでしょう。

あるテレビ番組で「計るだけダイエット」というダイエット方法が

続きはこちら