ニンテンドーDSやAndroidでロボットを操作(動画)

写真拡大

Priya Ganapati

米Surveyor社は、手製ラジコンカー・マニアに人気があるオープンソースのロボット・コントローラーを製造している。同社の主力製品は、ワイヤレスならびに動画に対応した、オープンソースでプログラム可能な移動ロボット・コントローラー『SRV-1』だ。

英国に拠点を置く開発者のPeter Dove氏は、このSurveyor社製SRV-1モジュールのカメラとベース・ロボットを、ゲーム機『ニンテンドーDS』で操作するというすばらしい方法を考えついた。

Dove氏は、SRV-1コンソールに内蔵されたWi-Fi接続を利用してロボットを遠隔操作し、ロボットから送られてきた写真や動画を視聴できるようにした。動画を見ればわかるように、ニンテンドーDSの操作ボタンはこういう目的におあつらえ向きだ。

Dove氏がニンテンドーDSとSurveyor社のモジュールを組み合わせるのに用いた詳細なバイナリコードとソースコードについては、同氏のブログをチェックしてほしい。

Dove氏の試みは、米Google社のOS『Android』を搭載した携帯電話『T-Mobile G1』を使って無人飛行船を操作するプロジェクト(以下の動画)とよく似ている。

これは、Androidの加速度センサー(傾きセンサー)をうまく利用しており、無人飛行船に搭載したウェブカメラの動画を見ることができる。開発したのは米Surveyor社の創設者Howard Gordon氏だ。

プログラムは公開されており、総額600ドル以下でこのシステムを誰でも組み立てられる(66インチのヘリウム飛行船キットは300ドル程度だ)。

[『iPhone』で無人偵察機の小隊を操縦するプロジェクトについての日本語版記事はこちら]

{この翻訳には、別の英文記事の内容も統合しています}

WIRED NEWS 原文(English)

  • 『iPhone』で無人偵察機の小隊を操縦:動画2008年6月17日
  • 発売3日でハックされた?『ニンテンドーDSi』動画2008年11月6日
  • 『ニンテンドーDS』をハックして、デジタル・スケッチブックに2008年5月28日
  • DARPA、『ゲームボーイ』を軍事用携帯スパコンに2007年6月8日