相沢友子、岡田義徳、鈴木京香、岡田将生、加瀬亮、小日向文世、吉高由里子、森淳一監督
 23日、映画「重力ピエロ」の初日舞台挨拶が東京・新宿バルト9で行われ、主演の加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香、吉高由里子、岡田義徳、森淳一監督、企画・脚本の相沢友子が登壇した。

 まず、加瀬の「新型インフルエンザの中、本日は命がけでお越し下さりありがとうございました(笑)」という挨拶からはじまり、小日向も「映画のセリフ『楽しそうに生きていれば地球の重力なんて消してしまえるんだよ』のように、笑っていればきっとハッピーなことが近づいてきます。新型インフルエンザも吹き飛ばしましょう!」と笑顔でコメント。

 作中で加瀬と大学の友人役を演じた岡田は「加瀬君と“戦隊モノ”やりたいねという話ばかりしてました(笑)。僕は緑と言われましたが、加瀬君は青は譲れないみたいです」と仲の良い現場の様子を披露すると、吉高が「みんなのチームワークが良くて、途中から撮影に入った私は仲良くなれず、撮影の休みの日には、タクシーのおじさんと伊達政宗を見に行ったり、必死に時間をつぶしてました(笑)」と意外な苦労話を話し、会場の笑いを誘っていた。

 また、鈴木は「加瀬さん岡田さんと一緒のシーンが少なくて残念でした。私は仙台出身なので、撮影中もっと美味しいお店を教えられれば良かったです」と優しく語りかけ、本作で演じた優しい母親さながらの雰囲気だった。

 映画「重力ピエロ」は全国大ヒット上映中。

■関連リンク
重力ピエロ - 作品情報

■関連記事
インタビュー:吉高由里子「究極の恋する女の子ってうらやましい」(2009年05月21日)
全国初、「重力ピエロ」原作本持参で映画割引キャンペーン(2009年04月16日)
“平成生まれバンド”S.R.S、映画「重力ピエロ」主題歌に(2009年03月19日)
岡田将生、吉高由里子 こぶしを突き上げ「Yes We Can!」(2009年01月20日)