あまりゲームをしないユーザーにとっては、価格やソフトのジャンルなどの差からWiiの方がゲームハードとしては手を出しやすいという印象がありますが、ゲーム歴はPS3ユーザーよりもWiiユーザーの方が長いという調査結果が出ているそうです。

詳細は以下から。
プレスリリース | ネットリサーチ(モバイルリサーチ)ならネットエイジア

ネットエイジアが行ったモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)によると、自宅にテレビゲームを持っていて、自分でテレビゲームをすることがある10代〜40代の男女800名に対し、「Wiiのみを持っている人」は28.0%で平均年齢は32.2歳、「PS3のみを持っている人」は4.3%で平均年齢は25.7歳、「WiiとPS3の両方を持っている人」は5.6%で平均年齢は29.4歳という結果になったそうで、年齢層自体が結構違っています。

また、テレビゲーム歴に関しては「Wiiのみを持っている人」で「20年以上」が40.2%だったのに対し、「PS3のみを持っている人」の場合、23.5%でWiiユーザーの方がゲーム歴の長い人が多かったとのこと。しかし、「今まで遊んだことのあるゲーム機の種類」ではWiiのみ持っているユーザーが7.8種類だったのに対し、PS3のみを持っているユーザーが8.9種類と、PS3ユーザーの方が遊んだゲーム機の数は多いという結果になっています。

今まで遊んだことのあるゲーム機の種類数の比較。


ハードの購入理由は、Wiiユーザー、PS3ユーザーともに1位が「プレイしたいゲームソフトがあったため」。違いが出ているのは2位以降で、Wiiユーザーは「家族とのコミュニケーションを増やすため」「新しいゲームの操作方法を体験するため」で、PS3ユーザーは「映像美や映像の迫力を体験するため」「ブルーレイが内蔵されているため」という回答が多く、それぞれのハードの特性が出ています。

ユーザーが好むゲームのジャンルにも差が出ていて、Wiiユーザーは「ロールプレイングゲーム」「スポーツゲーム」「パズルゲーム」が、PS3ユーザーは「アクションゲーム」「シュミレーションゲーム」「ロールプレイングゲーム」が好きなジャンルとして多いという結果になっています。「ロールプレイングゲーム」はどちらのユーザーにもかなり好まれているようですが、今後はユーザー層の違いに応じたソフトジャンルの特化がさらに進んでいくのでしょうか。

・関連記事
ソニー、Wiiリモコンライクな新型のPS3コントローラーを発表か - GIGAZINE

任天堂のWiiが販売台数5000万台突破へ、普及ペースはPS3やXbox360を圧倒して史上最速に - GIGAZINE

WiiのグラフィックがPS3やXbox360並みに向上へ - GIGAZINE

記事全文へ