人材育成において、考えるべき3つのポイント。

「テストも問題集も、出来るかどうかを試す(把握する)ことくらいしか意味がないのであって、大切なのは出来ないことが分かってからの行動である。」というのは、よく知る進学指導のプロの言葉。テストでいい点をとったことは、出来ないことがあまり発見できなかったという点において残念な結果であり、テストの点が悪かったことは、“後でそれを習得するなら”沢山の出来ないことを発見できたという点で有意義である、と言います。

「勉強とは出来るようになるための行動。出来るかどうかを試しているだけだから、問題集を解いていた時間は勉強時間には含まれない。」勉強時間は、解答を確認してからの時間のことを言うのだそうです。60分のうち50分間問題を解いていたら、10分しか勉強していないことになります。答えを確認して、合っていたか間違っていたかを確認するだけなら、勉強時間はゼロだと。

テストや問題集という言葉を「仕事」に置き換えると、企業における人材育成にも当てはまります。問題集を沢山やるだけでは駄目なのと同様、仕事やその場数だけで人は成長しない。経験を効果的に成長につなげる為には、評価と振り返りが必要だということです。自分で評価しまたは上司や周囲から評価を受け、どうすれば良かったのかを振り返って考えることが、成長する、出来るようになるために不可欠ということです。

もう一つ大切なのはメタ認知。進学指導のプロは「合格ラインに対して、現状はどの辺りにいるか。」「得意・不得意は何か。」を常に本人に自覚させようとします。同様に、仕事・現場から離れた所、高い場所から自分のレベルを把握したり、自分が出来ることと出来ないことを自分で分かったりする機会の有無が成長に大きく影響するわけですが、これはOff-JT(研修などの学びの場)の大切さと言えるでしょう。


続きはこちら