作業員でいるうちは、どうやる?という部分が大事なことが多いですね。たぶん、お仕事をしている人の中で、作業員が一番多いので、ここができるようにならないと、なにを、なぜ、と上のレイヤを考える機会はないでしょう・・・。


 作業員のうちは、どうやる?というところにフォーカスするほうが評価されることが多いですね。

 なぜ?なんて問うな!と。はじめはスピードが大事で、とにかくやることが大事ですから。

 なぜ?なにを?は上司が既に考えていることが多いですね。もしくは、そういったものがなく、やっていることもありますけど。

 たいてい、アクションの数を増加させて、少しずつ改善していけば、それなりに成果は出ます。

 たまに、なぜ?やなにを?を考えないと、どう?に行けない人もいます。

 そういう人は、一生懸命、理由から考えて、アクションを考えようとするのですが、たいてい「遅い」という評価を受けてしまいますね。

 なぜ、なにを?というのを充分にシェアする時間が上司に無い場合も多いのです。

 アクションの量が多くできると、評価され、その中で、上司のなぜ、なにを?を察することができるようになるのが、一番早い評価の上げ方ですね。

 とにかく命令どおりやれ!です。

 私は、なぜ、なにを?を考え抜かないと、アクションに辿り着けない人でした。だいぶ損をしましたね。

 でも、それは頭の使い方の好みの問題だと思います。

 具体的にどうする?を考えるのが好きな人もいれば、抽象的に、なぜ、なにを?を考えるのが好きな人もいるのです。

 その両者を活かしきってこそ、マネジャーだと思うのですね。

 でもまあ、そんないいマネジャーには恵まれないことも多いので、なぜ、なにをがくっきりしないと動けない人はどうすればいいのか?

 人の数倍のスピードでなぜ、なにを?から考えればいいのです。それだけです。うーんうーんとうなっている時間だけ評価が下がります。


続きはこちら