企業売却をする場合、タイミングが非常に大きなポイントです。財務状況がボロボロになった状態では買い手もつきません。早めの決断が肝要です。


アパレルファッション業界も全般的に厳しい状況が続いています。
事業の選択と集中に伴い、このご時世なので事業・企業の売却を検討されている企業もあり、ご相談を受けます。最近強く感じている事なので一言、アドバイスのつもりで投稿致します。


M&Aは企業戦略において最も大きな決断のひとつである事に間違いありません。特に企業売却をする場合、タイミングが非常に大きなポイントです。 債務超過でボロボロになった状態では買い手もつきません。

しかしながら現実的には事業・企業売却により事業撤退を検討している場合、かなり状況が悪化してから行動に移すというケースが目立ちます。

事業・企業として価値のあるうちに決断し、買収先を探す事が非常に重要です。又、それに向けての財務・法務・ビジネス面での社内体制の準備も必要となります。

ファンド、投資銀行も昨年の金融危機以降、投資案件には極めて慎重です。昨今の状況では売却案件に投資出来るのは事業会社が主体で、資金力のある企業も限られています。

そんな時代ですので売却をご検討されている企業は財務内容が悪化する前に、早めのご決断とご相談を頂ける様、お勧め致します。

続きはこちら