「グランディアオンライン」主だったゲーム内容や今後のスケジュールが、20日のプレス発表会で明かされた。オフラインゲームのオンライン化作品は独自の個性を失うものが多い中、同作がどのような内容で新しい「グランディア」を見せてくれるか注目される。

「グランディアオンライン」はガンホーとゲームアーツ共同で開発されており、1作目の世界観を継承、1作目に登場したキャラも一部登場する。また、戦闘システムもシリーズを継承したものとなっており、シリーズファンならすんなり遊べる作りとなっている。
6月中にテクニカルテストを行った後、7月にクローズドβテスト、正式サービスは夏以降とまだ少し先だが、ゲーム性に個性のないMMOに新風を吹き込む事ができるか? 今後の情報に注目だ。

「グランディア」はセガサターンで発売、その後プレイステーションに移植され、シリーズ化されてきた作品だ。中でも1作目は独自の戦闘システムや冒険心溢れる世界観・ストーリーで固定ファンがついており、今回のオンライン版も注目されていた。オフラインゲームでは人気のあったタイトルが、オンラインゲームになって「駄作」と呼ばれる作品も多い中、同作がどのようなゲームとなっているのか非常に興味をそそるところである。

(編集部:林 裕之)

【関連記事】
ゲーム機でのMMOはもっと遊びやすい配慮が必要
遊びやすくなった「信長の野望Online」
待ち望んだ「サガ2」に気持ちの余裕を
「イース?&?クロニクルズ」に考えるリメイク作品
ゲームの遊園地「ポケットモンスター金・銀」のリメイクが登場

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!