スクウェア・エニックスは、ニンテンドーDS専用ソフト『ブラッド オブ バハムート』を2009年8月6日に発売することを決定しました。価格は5695円(税込)。

『ブラッド オブ バハムート』は、ニンテンドーDSのワイヤレス通信を使用して、最大4人まで同時に遊べるマルチプレイRPG(ロールプレイングゲーム)。かつて人間がその背中の上に国を構え暮らしていたという、壮大な設定の“巨獣”を倒すべく仲間と協力して闘うゲームです。


背中に国ができるほど大きさですから、巨獣の持つ力は圧倒的な強さです。普通に攻撃してもわずかなダメージしか与えることができないため、それぞれの巨獣の弱点を攻撃することでより多くのダメージを与えることを狙います。主人公たちが進めるメインストーリーミッションと、フリーミッションが合計130種類以上用意されており、どちらのミッションでもシングルプレイ、マルチプレイの両方で楽しむことができます。

このゲームの特徴は、なんと言っても2画面でも収まらない“かつてない大きさの巨獣”。巨獣を倒すことで味わえる達成感は「登山にも似た」ものだそう。すでに公開されている公式サイトでは、登場人物やゲーム画面のスクリーンショットを見ることができます(このニュースの元記事はこちら)。
 
『ブラッド オブ バハムート』公式サイト http://www.bahamut.jp/
 
 

■こんなゲームのニュースもあります
『モンスターハンター』類似の中国ゲームにカプコン「コラボの予定はありません」
もはや芸術!『プレイステーション3』素晴らしき改造の数々
マウスコンピューター、省電力版『GeForce 9800GT』搭載のゲームユーザー向けPCを発売
美少女ゲーム『ドリームクラブ』公式サイトに熱いメッセージをぶつけろッ!
【日曜版】これぞカプコン!『バイオハザード ディジェネレーション』!【iPhone】