いよいよ8月に第七章が公開となる映画「空の境界」を作り上げたアニメ制作会社ユーフォーテーブルufotable cafeというカフェレストランをやっているというのは一部で有名だと思います。

ufotable cafeでは以前、「空の境界」原画展が行われ、それにあわせて「空の境界」をイメージしたメニューが出されていたこともあり、先日は「天元突破グレンラガン」とのコラボ企画が行われていたところなのですが、5月19日(火)からはユーフォーテーブル×A-1 Picturesコラボ企画として「かんなぎ」原画展が行われることになりました。

企画の終了日は未定ですが、期間中に行くと「かんなぎ」原作者である武梨えりさんらのイラスト入りコースターがもらえるということで、さっそく行ってきました。
ということで、お馴染みufotable cafeへやってきました。


定休日は月曜日で、12時から23時まで営業中。


5月19日からのスペシャルメニューは「玉子焼きとおひたしのプレート」950円。ドリンクは「First Star」650円と「ナギ」750円。


プレートはこんな感じ。


ごはんは五穀米にゴマをかけたもの。ちょっと固めで食べ応えがあります。


しいたけ入りの豚ひき肉あんかけがかかった玉子焼き。甘くてやさしい味わい。


オクラとプチトマトのかわりひたし。トマトのおひたしは冷たくてさっぱりしていて、ちょっと暑い日にぴったり。



オリジナルドリンク「First Star」。ライム風味のスッキリしたソーダです。


こちらが「ナギ」。ウォッカベースのアルコール飲料なので注意が必要。


二層になっている。


まぜまぜ。


隣のテーブルをよく見てみると「マイコン ブレーク」卓でした。懐かしのゲームセンターみたい。



足元にこっそりブロックくずし貯金箱。


もちろん「空の境界」原画集も発売中。以前GIGAZINEでパラパラめくるムービーを紹介した、めくる原画集と見る原画集がセットになったものです。


その横にはかんなぎの単行本やビジュアルファンブックが。また、手に取ってもOKな原画が置かれているので、実際にパラパラすることもできます。


残念ながらお見せできないのですが、展示スペースでは「かんなぎ原画展」を開催中。原画のほか、各種版権イラストなども飾られています。これは実際に足を運んで見てもらうしかありません。


会計時にコースターが欲しいむねを伝えると、1人1種類好きなコースターがもらえます(ただし数量限定なのでなくなったら終了)。


3種のうちの1つ、門脇聡氏による3人娘イラスト。


こちらは原作者・武梨えりさんによるイラスト。ComicRexで連載されていた漫画「かんなぎ」は武梨さんが2008年11月に病気で倒れたため当面休載となっています。武梨さんは現在は退院して自宅療養中とのことで、連載再開を目標に体力回復に専念しているそうなので、ナギ様の復活もそう遠くないかもしれませんね。


・関連記事
10月から放送開始のテレビアニメ「かんなぎ」、BS11デジタルでの放送は中止に - GIGAZINE

アニメ好評放送中でナギの"非処女騒動"があった「かんなぎ」、作者の体調不良のため当面休載へ - GIGAZINE

「かんなぎ」休載について「ComicREX」編集長がその真相をネット上で発表 - GIGAZINE

「テイルズオブシンフォニア」のコレットや「清く正しく美しく」のキッカなど寄せ書き状態になっていたユーフォーテーブルブース壁面 - GIGAZINE

ジャンプスクエアで連載されていた「清く正しく美しく」がWEB上でアニメマンガ化 - GIGAZINE

劇場版「空の境界」のめくる原画集を実際にめくってみた - GIGAZINE

アニメの原画展なども行われている「ufotable cafe」訪問レポート - GIGAZINE


記事全文へ