3連敗は許されない状況下で、ダマスケス・ジョンソンがついに米国に嬉しい初勝利をもたらした

写真拡大

「ジ・アルティメット・ファイター(TUF)シーズン9」第5週。マーク・ミラーの思わぬ敗北、盛り上がるチームUKを横目にして、「この敗北で目が覚めた。何が起こっているかを理解しないといけない」と、チームUSAのジェイソン・デントは、皆に協調性を求めるが、キャメル・ダラーは、その必要性を感じさせないような発言を繰り返す。
「みな、それぞれが自分勝手な理由があって、ここにいる。俺たちはチームじゃない」とダマルケス・ジョンソン。そんなチームUSA勢の和からジェイソン・ピアスが離れる。「僕は33歳なんだ。あの18歳のような会話にはついていけない。どちらかといえば、英国チームのみなのほうが人間として成熟していて、彼らとのほうが友人になれそうだ」と、ピアスは言う。

一丸となるチームUK、バラバラのチームUSAという状況のなか、マイケル・ビスピンの選択により英国からアンドレ・ウィナー、米国からはサンティノ・デフランコが指名を受け対抗戦2試合目の顔合わせが決定した。

「テイクダウンして勝てる」とダン・ヘンダーソンは自信をうかがわせるが、トレーニングセッションではウィナーが、ビスピンをテイクダウンし、チーム全体がさらに盛り上がる英国勢だった。

試合は、鋭い左ジャブからボディ、右ストレートとスピーディーな打撃を繰り出すウィナーに対し、デフランコの最初のテイクダウン・アテンプトは簡単に跳ね返されてしまう。直後に左ローを蹴り込むウィナーが、すぐに試合のペースを握る。

基本はカウンター狙いで待ちの姿勢のウィナーに対し、テイクダウンから引き込んだデフランコは、ラバーガードを見せるが、立ち上がられ、そのままの姿勢でパウンドを受けてしまう。

一連のパウンド攻撃で動きが止まり、背中を向けたデフランコに対し、レフェリーが試合をストップ。チームUKが連勝を飾った。

2連敗という状況に、流石のダン・ヘンも悠長に構えていられなくなり、「勝つための選択をする」と、チームの全員をハウスの外に呼び出す。ここでも血気盛んなジョンソンとダラーが暴走気味な態度になり、「お前は仲良しのデイヴィッド・フォルクナーと戦え」とピアスに詰めよるが、乗れない彼は積極的な言動を取らない。「とにかく勝利が必要なんだ」――、ダン・ヘンはジョンソンを指名し、対戦相手はディーン・アマシンガーとなった。

「奴がリマッチすら望まなくなるような勝ち方を見せる」とオクタゴンに入ったジョンソンは、アマジンガーにテイクダウンを許すが、ハイガードに移行する。そのまま三角絞めを決めたジョンソンが、待望の初勝利をチームUSAにもたらした。チームUKの初黒星、なぜかコーチのビスピンはこの試合に現れなかった。

■TUFシーズン9:メンバーは以下の通り

<チームUSA>
・ウェルター級
ジェイソン・ピアス
ダマルケス・ジョンソン
フランキー・レスター

・ライト級
リッチー・ウィトソン
キャメル・ダラー
ジェイソン・デント

<チームUK>
・ウェルター級
デイヴィッド・フォルクナー
ニック・オシピチェック
ジェイムス・ウィルクス

・ライト級
ロス・ピアソン
マーティン・ステイプレトン
ジェフ・ローソン
アンドレ・ウィナー