Webでのマーケティングの基本中の基本、「ユーザーが検索するキーワード」は毎日変動し続けます。ニーズの先取りということで、この記事では8月にピークを迎えるキーワードを紹介します。

SEOを中心とするインターネットのマーケティングでは検索キーワードが最も重要ですが、シーズン性の高い商材や情報への対策は3か月先を見て準備をする必要があります。

キーワードハンターは、月ごとに検索数が確認できるため、シーズンの対応に有効です。今回の先取りキーワードは、2008年8月に急上昇をした検索キーワードから、2009年8月もSEOや季節のプロモーションに効果のありそうな100個の検索キーワードを抽出しました。
2009年8月のシーズン先取りキーワードを全部見る

今回のおまけは花火関連ワード
8月と言えば花火。実は7月から盛り上がっているビッグキーワードなのですが、案外巨大サイトの対策はおざなりです。皆さんも欲しい情報にたどりつけなかったことが多いのではないでしょうか?ここでは花火を含む8月の検索語TOP100を中心に、コメントしてみたいと思います。

東京湾花火大会 154248
東京湾 花火大会 142871
本当は「東京湾大華火祭」だけど、本家の検索数は90,308で、別名のほうが3倍以上検索されているというブランド名の悪い例です。この別名でYahooとGoogleで検索すると公式サイトは上位表示されないという状況です。

pl花火 90953
これ、日本最大の花火大会だそうです。関東の方はあまり知らないのではないかな?

花火大会 日程 86194
このキーワードは結構検索されている割には、ズバリ回答しているページがありません。シティガイドなども主に地域別を特集していますが、案外花火大会は遠方に出かけたりするものなのかも。このキーワードでは、全国の花火大会情報を検索していると考えられます。

花火の絵 22370
これは夏休みの宿題でしょうか?画像検索してみると微笑ましい絵がいっぱい出てきますね。

花火師 20147

続きはこちら