1990年代初めにピーター・センゲは、企業が生き残るためにはイノベーションを常態とするための姿勢が問われており、「学習する組織」を創る上げることが必要だと提唱しました。これは個人でも同じことがいえます。社会や組織に付加価値を提供し続けるために、私たちは常に「学習する個人」でいることが求められています。

 1990年代初めにピーター・センゲは、企業が生き残るためにはイノベーションを常態とするための姿勢が問われており、「学習する組織」を創る上げることが必要だと提唱しました。
これは個人でも同じことがいえます。社会や組織に付加価値を提供し続けるために、私たちは常に「学習する個人」でいることが求められており、そのためには目の前で起きている事を新たな視点で見つめ、自分の中に「気づき」を創造し続けることが不可欠です。
そのために必要な2つの観点について少し考えてみたいと思います。
1つは自ら考えること、もう1つは他者との関係を通して気付きを得ることです。

 1つ目の「自ら考える」とは、様々なことを客観的に捉え、過去の経験や知識にあてはめてしまわないことがポイントとなります。「自ら考える」の出発点は疑問を持つことであり、疑う力を失った瞬間に、人の発達は停滞し始めます。
 例えば、一般的に大企業は多くのスキーマを持っており、疑わせないシステムを作り上げているといえます。スキーマとは、人がある事象を認知する際に新しい経験としてではなく、既に自分の持っている枠組みに照らし合わせてそれを解釈しようとするパターン化された認知の仕方を意味しています。その一例として、製造現場での品質管理活動などが考えられます。品質管理活動は、作業標準化の徹底を目的として、作業手順を社員に叩き込み、言われたことを100%遂行する人材を生み出す一方で、指示を仰ぐばかりで、自分で考えることができない人材を生み出す危険性があります。

続きはこちら