〜高度成長からバブルを駆け抜け、さらなる未来へ〜
1980年〜90年台にかけての日本経済のバブルが膨れ上がって破裂前後の頃の、筆者のドロドロの商社マン生活の実体験をベースに、小説化しました。 今も昔も変わらない営業マンの経験する予想を超えた苦楽物語を、特に若手営業マンに対して捧げる応援メッセージとして書きました。


篠原由美子が話し始めた。


「テレックスというのはね。送り先、受信先が
コードで決まっているの。

例えばこの{FRM NYKYK}というのは、
{大日本商事米国株式会社機械部から着信}という
意味なのよ。

あと、{WND MTKS}なんて略語があって、これは、
{Well noted. Many thanks了解しました。大変ありがとう}
という定例句で、文章の終わりに使うもの。

{PLS IFO YR STUATN ASAP}は
{Please inform your situationas soon as possible
大至急そちらの状況を連絡されたし}。

テレックスの料金は語数に比例して課金されるから、
少ない字数でかつわかりやすく複雑な内容を伝えなくては
いけないから大変なのよ。

それと、プロジェクトによっては、万が一競合他社から
情報が盗まれることを考えて、暗号をよく使うの。

例えば海外のお客様のキーパーソンを呼ぶ場合、
名前を直接書かずに、EBI-SAN, TAKO-SAN, IKA-SANなど
魚や動物の名前をつけて読んだり、プロジェクト名にも
MAGURO ProjectとかMORINO-KUMASAN Project
とかのようにカモフラージュしたりしているわ。



< 何か余計目立つんとちゃうかな・・・ >



例えばMAGUROというのは、適当につけているの
じゃないのよ。
Malaysia Gulf Rolling Mill Project(マレーシア
国湾岸圧延プロジェクト)の頭文字を取ったりしている
わけ。 

だけど人に対する魚の名前は、本人がどの魚に似ているか
など冗談半分のような理由からつけているみたいよ。
面白いでしょ」



< おもろいか?これが。
  そんなことよりめっちゃ大変やん これって。 

続きはこちら