インターリンクが3月に行った、オタクなネタを集めた川柳のNo.1を選ぶ「オタク川柳大賞」で大賞に輝いたのは「聞いてない 誰もそこまで 聞いてない」というオタクやその周辺にいる人なら誰でも共感できる作品でした。その他にも珠玉の作品が名を連ねたのですが、なんと審査員プレゼントの一つに、これらオタク川柳を刻んだ「オタクッキー」というものがあり、それを一つもらうことができました。

このオタクッキー、観光地のお土産のノリで机に置かれていたら「なぜ自分はこの川柳が書かれたクッキーを渡されたのだろうか……」と悩んでしまいそうな品になっています。

詳細は以下から。
第4回あなたが選ぶオタク川柳大賞結果発表!!|インターリンク

デザインされているのは猫耳オタクッキーキャラクターの「にゃこ式部」。オタク川柳を受け付けると同時にネーミングコンテストを行って決定しました。


原材料など。


モバイル寄付サイトClickAidの広告。


ウラは一面がインターリンクの広告でした。


中身はこんな感じ、全部で8枚入っています。



職人de賞受賞作品「一話目で 切ったアニメが 神展開」。第一話は導入編として無難に作られていることが多いのですが、中には突飛なスタートを切る作品もあり、ついていけないだろうと見るのをやめた作品が最終回近くになってむちゃくちゃ面白い展開になっていて……。映画で、出だし10分の印象だけではわからない部分があるのと同じですね。


天才de賞受賞作品「フィギュアなら 浅田真央より 綾波レイ」。フィギュアという単語を聞いてフィギュアスケートを思い浮かべるのか、立像のフィギュアの方を思い浮かべるのかというのは大きな違いですね。


何となく見た目で気付いていたかもしれませんが、実はクッキーではなくてゴーフルです。普通のゴーフルなので、作品に共感しつつお茶をすすりましょう。


ほかにも「究めても 褒めてはもらえぬ 修羅の道」「彼女いる? 返った答えは いりません!」などインパクトある作品が刻まれています。隠れオタクではないかとにらんだ同僚や友人にこのクッキーを渡せばビクビクッと反応するかもしれませんね。

・関連記事
「ヒナちゃんの豆乳クッキー」「はるかとかなたの豆乳クッキー」「みぃたんの豆乳クッキー」全3種類を試食レビュー - GIGAZINE

羽後牛がゴロリと入っている、萌えパッケージの「羽後牛カレー」試食レビュー - GIGAZINE

「うご野いちごちゃん」のイチゴとロールケーキ試食レビュー - GIGAZINE

グリコのプレミアムクッキー「Shall we?」期間限定パッケージ試食レビュー - GIGAZINE


記事全文へ