5月7日にグーグルが日本語インターフェイスでもサーチウィキの機能を追加した。「検索結果をカスタマイズできる」「順位を変更できる」などと言われているが、大きな間違いだ。あれは、単なるメモツールなのだから。

5月7日にグーグルが日本語インターフェイスでもサーチウィキの機能を追加した。「検索結果をカスタマイズできる」「順位を変更できる」などと言われているが、大きな間違いだ。あれは、単なるメモツールなのだから。


サーチウィキとは?

まず、サーチウィキ(SearchWiki)とは何かを簡単に解説しておこう。グーグルアカウントにログインした状態でグーグルでウェブ検索をすると、検索結果ページ内で特定の検索結果に対して

* 順位を上げたり下げたり
* 消したり
* コメントを残したり

でき、さらに、検索結果ページの最下部から

* 独自のページを検索結果に追加したり
* 他の人が加えた順位上げや消しの数を見たり
* 他の人が書いたコメントを見たり
* そのコメントが役に立ったかどうか評価したり

できる機能だ。


サーチウィキの表示例。赤丸で囲んだ部分がサーチウィキの機能。








検索結果ページの最下部にサーチウィキのその他の機能がある。「自分のサーチウィキ メモを見る」のリンクから、順位の上げ下げやコメントの一覧を表示できる。






「この検索のサーチウィキ メモをすべて表示」のリンクをクリックすると、他の人がどんなメモをしているかを確認できる。






サーチウィキで検索結果が大きく変わる?

これだけを見ると、「究極のパーソナライズだ」「SEOは意味がない」と考える人もいるかもしれないが、決してそうではない。理由は次のとおり。

* サーチウィキが有効なのはグーグルアカウントでログインしている人だけ
* サーチウィキで加えた変更内容は自分にしか反映されない


続きはこちら