最近、タバコを吸う人、
ほんと少なくなりましたよね・・・

10数人集まった飲み会で、
ふと気づくと、誰もタバコを手にしていない。

いたとしてもせいぜい1人。
なんだかとっても肩身が狭そうです。


まあ、周囲を気にせず、
泰然と吸ってる人もいますけどね。


ちょっと気になったので、

「平成20年JT全国喫煙者率調査」

の結果を見てみたら、平成20年(2008年)現在の

成人男性の平均喫煙率は39.5%、成人女性は同12.9%

ということでした。

成人男性の喫煙率のピークは、
昭和40年以降では83.7%(昭和41年、1966年)。

約40年前と比較すると、半減しているんですね。

それでも、現在でも喫煙率約40%ということは、
男性の2人に1人弱は吸っているわけです。

ちょっと実感と合わない感じ。

というのも、あまり吸わなさそうな若い人たち、
つまり20代男性の喫煙率は、むしろ全体平均より高く、
50%を超えているのですよ。

逆に印象より低いのは60代(30%強)、50代(50%弱)の男性。
健康を気にして止める人が増えているということですかね。


というわけで実感に合わないのは、
自宅などでは吸っているけど、それ以外では、
吸える場所がどんどんなくなってきたし、
周囲に遠慮して我慢している(あるいは隠している)人
が多いということでしょうか。


そういえば、

未成年の喫煙経験もやっぱり低下しているのだろうな・・・

と思って興味本位で調べてみましたが、
さすがに全国的な調査は見つかりませんでした。

ネットで検索してなんとか見つけた、
秋田市周辺の15の高校の生徒対象の調査をご紹介すると、
高校3年男子の喫煙経験率(1度でも吸ったことがある)は、

・1999年→50%
・2005年→21%

と半減以上。

*喫煙経験率は、タバコを吸ってみたことがあるという数字
であり、必ずしも喫煙を常用・継続しているわけではない点、
ご注意ください。

わずか10年前、高校3年生ともなれば男子の2人に1人は

続きはこちら