池袋の名物横丁が“最新ビル”化して復活!

写真拡大

08年7月に、戦後からの歴史に幕を下ろした池袋のレトロな飲み屋街「人世横丁」。1950年代前半に誕生した飲み屋街で、木造家屋を改装した約40件の飲食店が営業していた。

他の写真も見る: 夫婦の温かな接客が人気【○天】

時代の荒波の中、消えてしまったと思われたブクロの“昭和の残り香”が、なんと今年の4月にすぐ隣の“新築ビル”に移転して復活を遂げたという。

ビル1・2階を新たな「人世横丁商店会」として、先行して2店がオープン。「○天」は、ランチの天丼と十割そばに加え、夜は旬の料理がそろう小料理屋。横丁の変遷を40年以上見守ってきた屋号を現店長が引き継いだ。夫婦の温かな接客が常連客をひきつける。

もう一方の「多ちのみ たけ松や」は焼鳥や煮込み、旬の魚介料理など、丁寧に仕込まれた酒の肴が並ぶ。お酒も希少な芋焼酎を中心に、手ごろな値段で充実している。

今後も、1952年ごろから続く老舗「幸ちゃん寿司」や創業約50年のラーメン屋「一番」など、かつての人世横丁で営んでいた飲食店が順次オープンする予定だという。

「横丁のいいところは、こぢんまりとした飲み屋が集まり、お客さんと一緒にみんなで街を盛り上げていけるアットホームなところ。行きつけの店が満席だったら、じゃあ隣の店に入ってみるよ、という気軽な会話や人とのつながりが魅力です。それは横丁からビルになったいまも変わらない」とは○天・店長の西川信さん。

昨年末には恵比寿横丁が誕生するなど、今東京では“立ち飲み”が見直されている。池袋に誕生した懐かしくて新しい“横丁ビル”にも、ぜひ足を運んでみてはいかがだろう?【東京ウォーカー】

【関連記事】
昭和30年代がよみがえる「立川屋台村パラダイス」 (東京ウォーカー)
「恵比寿横丁」「亀戸横丁」etc.東京の夜を揺るがす“NEW飲み横” (東京ウォーカー)
60年の歴史に幕を下ろす「人世横丁」【Part2】〜復活と終焉〜 (東京ウォーカー)
60年の歴史に幕を下ろす「人世横丁」【Part1】〜誕生から繁盛・衰退〜 (東京ウォーカー)