『エコノミー(経済性)優先時代』と『エコロジー(環境性)優先時代』を論じる3回目である。


『エコロジー(環境性)優先時代』とは、
経済性よりも環境性を重視する時代。

経済発展よりも、環境をより良くしていくことを重視する時代。

企業の売上・利益の向上よりも、環境負荷を低減していくことを重視する時代。

  化石燃料をバイオマス燃料に代えたり・・・、
  廃棄物は出さずにリサイクルを徹底させたり・・・、 
  排水をもっとキレイにして、水リサイクルを徹底させたり・・・、
  土壌汚染をもっと浄化して、地下水汚染を食い止めたり・・・、

リユース・リサイクル等、
環境修復の手法はいろいろ講じなければいけないが、
根本的には・・・・・、
すべての生産・流通・販売・消費・廃棄を減らすことが必要。

つまりは、リデュース(削減)。
まず、すべきは、リデュース。

その後で、リユースであり、リサイクル。

  例えば、CO2排出権の導入でCO2排出量に制限が出るが、
  CO2を出したければ、排出権を買えば良い。
  排出権を買えば、CO2は出せる。
  と言うことは、全体としてのCO2は減りようがない。
  おカネさえあれば、CO2を出しても良いということになる。

これでは、根本的な解決にはならない。
根本的にCO2を減らさなければ・・・。

  使用するエネルギーを減らす・・・
  根本的に、排出するCO2を減らす・・・
  生産量を減らす・・・
  流通量を減らす・・・
  販売量を減らす・・・
  消費量を減らす・・・
  廃棄量を減らす・・・

根本的には、すべての経済活動を縮小せざるを得ない。

そして、どうしても生産・流通・販売・消費・廃棄するのであれば、
それこそ、環境に良い製品・商品を作り、
環境に良い流通の仕方・販売の仕方・消費の仕方・廃棄の仕方を
していかなければいけない。

価格が安いから買う!のではなく、
環境に良いから買う!ようにしなければいけない。


続きはこちら