ボクシング 亀田和毅が朝青龍に喝!

写真拡大

 亀田3兄弟の“最終兵器”和毅(ともき)が15日、都内の勝又ジムで練習を公開。4回戦ボーイを圧倒し、格の違いを見せつけた。プロデビュー後、初の日本人対決に向けて余裕しゃくしゃくの三男坊は、“モンゴルフ騒動”に揺れる大相撲の横綱朝青龍に「ナメたらアカン」と喝を入れるなど、大物感を漂わせた。



 やはり最終兵器はただ者ではなかった。



 30日に江戸川区スポーツセンターで雲林龍広と初の6回戦に挑む和毅。この日は、勝又ジムを借り、集まった約30人のファンの前でスパーリングを公開した。



 緑と赤のメキシカンカラーのグローブとヘッドギアを装着し、4回戦ボーイを相手にジャブで主導権を握ると、ワンツー、左ボディー、ストレートなど多彩なコンビネーションを披露。女性ファンから「すごーい」という感嘆の声を引き出した。



 今回は初の日本人対決となるが、不安は一切ない。「メキシコでも日本でも一緒。自分のボクシングをするだけ。短いラウンドより長いラウンドの方がいい。6、8、10とやったほうが乗ってくる」と言い切った。



 プロ7戦目に向けて気持ちは高ぶるばかり。「早く試合がしたい。今回は(試合期間が)1カ月ちょっと空いた。2、3週間に1試合のペースでやった方がいい」と目をギラつかせた。



 およそ2週間後に試合を控え絶好調。舌も滑らかだ。大相撲の横綱朝青龍の状態にまで言及した。



 和毅はメキシコにいる時もインターネットの動画サイトで毎日欠かさず大相撲の結果をチェック。14日には東京・両国国技館にも足を運び、観戦するなど相撲好きとして知られている。



 和毅の目には現在の朝青龍の状態が良くないと映っている。「優勝は白鵬か日馬富士。朝青龍は練習せえへんから体が終わっとる。ナメたらアカン」と苦言を呈した。



 朝青龍は現在1敗で優勝戦線に踏みとどまっているものの、左ヒジ痛を抱えながら場所直前にはゴルフに興じて問題視された。15日は風邪をひいていることも判明し、決して調子が万全とはいえない。「相撲は足腰が鍛えられて、スタミナもつく。親父と毎日やっているよ」とけい古の重要性を力説した。



 朝青龍を“反面教師”にして、猛練習を積むことで万全のコンディションをつくり上げている。年内にWBCのユースタイトルを獲得という目標に向け、和毅は試合当日までトレーニングを続けていく。

【他にはこんな記事も!!】
DREAM 内藤大助とKIDが合同スパーリング
ハッスル クロダーマンが1年4カ月ぶりに復活
ドラディション 藤波、初代タイガー、長州が全国行脚プラン

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!