資質が問われる

写真拡大

   <テレビウォッチ>女性問題を週間新潮にあばかれて、鴻池祥肇・官房副長官がきのう(5月13日)辞任した。それも、新型インフルエンザ対策で大騒ぎの最中に2泊3日の温泉・ゴルフ旅行。往復には議員用のJRパスを使っていた。救いようがない。


   本人は会見もせずに入院。「不徳のいたすところ。なんでこうなったのか。男と女の中は難しいね」(週刊新潮)といってるそうだが、お相手の40代の既婚女性との話ははじめてではない。この1月にも、麹町の参院議員宿舎のカードキーを渡していたと報じられた。

   このときは「天地神明に誓って、そうしたことはない」と突っぱねていた。「天地神明」はこうしたときに決まって登場するが、こんな使われ方は天地神明にも迷惑だろう。

   今回は時期が悪い。4月28日は新型インフルエンザの発生を宣言して、政府の対策本部ができた日。副長官はこの会合に出たあと熱海へ向かった。29日は麻生首相が訪中。この日にゴルフ。30日は、世界保険機関(WHO)がフェーズ5を出して、舛添厚労相が早朝から会見した。副長官はまだ熱海にいた。

   三反園訓が、「官房副長官は官邸の危機管理担当。情報も集まる司令塔の1人ですよ。それが危機意識がない」

   しかも新幹線では、公務に使うための議員パスを使った。

   赤江珠緒が、「パスは税金で、年間5億円かけている」

   やくみつるは、「議員としての資質が問われる。こういう古いタイプの政治家はいらないんじゃないか」

   評論家の有馬晴海が、「30日の夜は銀座にいたそうで、知り合いから『銀座なんかにいていいの?』と電話があった」という。官房副長官という職責がわかっていないかのような動きだ。入院については「政治家の常套手段。でもそうして隠れた人はだいたい議員辞職している」

   吉永みち子は「政治家は本当に病気のときは隠すのに、こういうときは堂々と病気になる。資質が問われている」

   鳥越俊太郎が、「個人的につきあえば面白い人かもしれないが、ちょっと自覚が足りない。こういう人を起用した責任を問いたい」と麻生首相に触れた。

   三反園は、「麻生さんが『健康上の理由だから』と任命責任はないといったのには驚いた。これを聞いて国民がそう思いますかね」

   有馬は、「民主党の代表選があったのでラッキーと、永田町ではいわれてる。あれがなければ、これが大問題になったと」「麻生さんは、鴻池さんとも河村官房長官とも日本青年会議所(JC)時代からのつきあいで、親しい人しか信用しない、『半径1メートル半の男』といわれる」

   「中川さん(前財務相)もお友達だった」(鳥越)

   「危機管理も倫理観もダメな人の集まり?」(吉永)

   なるほど、民主党騒ぎでだいぶ救われていることがわかる。

ヤンヤン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
コアラのマーチとコラボした「コアラのマーチの天気予報」も4月24日オープン!