〜高度成長からバブルを駆け抜け、さらなる未来へ〜
1980年〜90年台にかけての日本経済のバブルが膨れ上がって破裂前後の頃の、筆者のドロドロの商社マン生活の実体験をベースに、小説化しました。 今も昔も変わらない営業マンの経験する予想を超えた苦楽物語を、特に若手営業マンに対して捧げる応援メッセージとして書きました。


第一章 田舎学生から激動の社会人生活へ 


関と宮田を載せたトラックは、品川を抜け第三京浜を
経由して約30分後、JR大森駅の近くにある
後藤鉄工所の前で止まった。

車を降り立った宮田の目の前には大きな工場の門があり、
複数の鍵で施錠され閉まっていた。 

隣にある事務所のほうへ移動して、窓越しに中をこっそり
のぞいてみても、中に人のいる気配がしない。

関は、おかまいなしに事務所のドアをガチャガチャと
荒々しく開けて、中に入っていった。

事務所の鍵はあいていた。





宮田も置いていかれまいと関の後を追った。


「すみませーん! 誰かいますかー?」


関の大声が事務所の中に響き渡ったが、
シーンとしていた。


「ちくしょう。やっぱり遅かったか・・・。
銀行の連中は本当に早いよ。 
血も涙もない。 
商社以上にハゲタカだ」


宮田には関が吐き捨てるようにつぶやいた
言葉の意味がよくわからなかった。

誰もおらず、電気もついていない薄暗い事務所の中を
必死に目を見開いて見渡してみると、机やイスなどの
事務機器がなく、なにやらがらんとしており、
もぬけの殻といった様子であった。

事務所の奥には社長室があり、そこに入ってみると、
この会社のオーナー社長のものであろうか。

誇らしげに微笑む恰幅のいい紳士の大きな顔写真が、
額に飾られ壁に掛けられていた。


「社長は夜逃げしたに違いない。
あー、後藤さん、さぞ辛かったろうなー・・・。
 おい、宮田。 次は工場にいくぞ!」


宮田は、関の後を追って工場に入り、ずらりと

続きはこちら