先日、DSでのリメイクが発表された「サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY」の発売時期が2009年秋に決まった。
ただ、シリーズでも人気の高い同作だけに、公開された画面写真から早くも様々な感想が飛び交っている。

「サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY」は、かつてゲームボーイで発売された「サガ2秘宝伝説」のリメイク版。
各種族の成長システムの違いや装備品の使用回数制限といった部分で、全般受けするシステムではなかったものの1作目は100万本を販売。
ゲームボーイでは全3作が発売されたが、その中でも特に評価が高いのが今回の「サガ2」である。
今回のリメイクではグラフィックを3Dにし、戦闘にも追加要素が加わるようで、長年リメイクを待ち望んでいたファンには、これから訪れる夏が長く感じられる事になりそうだ。

リメイクの情報自体は以前から発表されていたが、その際にオリジナルのファンから否定的な声が挙がった部分。
「キャラデザがださい」「オリジナルのイラストの方が良かった」
「なんで3Dにしたんだよ。2Dでいいのに……」
と、いきなり全否定とも思える声が多々聞かれた。
ただ、以前にPS2で発売された「ロマンシングサガ」のリメイク版も、発売前までは主にキャラデザインで散々叩かれていたものの、発売後にプレイしたユーザーからは良い評価を受けたので、今回の「サガ2」も現段階で判断するのは早計というもの。
ユーザーの要望が多いからこそのリメイクなのだから、まずは発売が決定した事を喜ぶ余裕ぐらいはほしいものだ。

(編集部:林 裕之)

【関連記事】
「イース?&?クロニクルズ」に考えるリメイク作品
ゲームの遊園地「ポケットモンスター金・銀」のリメイクが登場
女性ファン取り込めるか? 舞台版「戦国BASARA」発表
DSでは満足できないユーザーのためのPSP?
イースオンライン、キャンペーン実施も苦戦必至か?

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!