商社マン しんちゃん。 走る! (1)/三宅 信一郎
〜高度成長からバブルを駆け抜け、さらなる未来へ〜
1980年〜90年台にかけての日本経済のバブルが膨れ上がって破裂前後の頃の、筆者のドロドロの商社マン生活の実体験をベースに、小説化しました。 今も昔も変わらない営業マンの経験する予想を超えた苦楽物語を、特に若手営業マンに対して捧げる応援メッセージとして書きました。


第一章 田舎学生から激動の社会人生活へ


「今日からここが君の机だ。 これからは、人身売買
 以外は何やってもいい。 自由に好きなようにやって
 くれ」


人事部に連れられ、配属先である9階の大日本商事 
機械・プラント部の金田部長に挨拶をした宮田真一は、
金田部長から案内された自分の机を見て、目を疑った。


 


宮田は、大学のゼミの教授が言っていた言葉を思い
出していた。


「君が志望する総合商社というのは、売上高は巨大で、
 世界各国でビジネスを展開しているが、オフィスには、
 机と電話しかない。
 机と電話を使って、あとは人間の知恵と知識、想像力
 と行動力でビッグビジネスを創出していくのだ。  
 生半可な気持ちではやっていけない大変な仕事だ。 
 まー頑張ってください」


ロマンにあこがれて、生まれ育った大阪を抜け出し
北海道の大学をめざした宮田真一は、大学では
山岳スキー部に所属し、キャプテンを務めた。 

まじめにゼミに出席する経済学部経営学科の同期の
連中を尻目に、ほとんど大学には来ず、北海道の
大自然に入り浸っていた。 

夏は,日高や大雪山系にこもって、数千年前に
氷河が山肌を削り取って出来た野球場のような,
カールと呼ばれる深い谷の斜面や、お花畑の横の,
落石がごろごろ転がっている雪渓で、野生の
ヒグマと隣り合わせになりながら、一日中
夏スキーをして過ごしたり、冬は、利尻岳や
知床、日高、ニセコなどの厳冬期の冬山で、
雪崩が頻発するような急斜面で,深雪スキーを
楽しんでいた。

大学4年生になると、卒業後の進路として

続きはこちら