修斗 “火の玉ボーイ”五味が完全復活

写真拡大

 フリーとなり、去就が注目されている五味隆典が10日、修斗20周年記念大会(東京・JCBホール)に出場。同ウエルター級世界王者の中蔵隆志にKO勝ち。火の玉ボーイが完全復活を証明した。



 昨年8月24日の「戦極〜第四陣〜」以降、白星に見放されている五味は、原点回帰すべく5年9カ月ぶりとなる修斗のリングに立った。「いい試合をやらないと引退も考えなきゃいけなくなる」と不退転の決意で臨んだ。

 1Rから右フック、左ストレートなど積極的に打撃戦を仕掛けた。2Rに入ると勢いは増し、右ボディーから左右のフックでグラつかせ最後は4分42秒、パウンドを連打したところでレフェリーが試合を止めた。



 完勝の内容に五味は「帰ってきたぞ」と絶叫。1・4「戦極の乱2009」以来、4カ月ぶりの再起戦で、不本意に終わった過去2戦の悪いイメージを払しょく。今後については「今後のことはわからない」と明言を避けた。

 五味は「戦極さんの了承を得てフリーになった」と語っており、年内で現役を引退するK-1MAX、魔裟斗の7月の対戦相手として浮上中。公開練習の際には「1度試合でフルスイングの打撃をやってみたかった。ファンが望むならやってみたい」と興味を示していた。

 完全復活を遂げた五味は、果たしてどのリングで燃え上がるのか。(岡野誠)

【他にはこんな記事も!!】
ノア KENTAがマルビンを挑発
新日本プロレス ノアとの対抗戦、後藤VS杉浦一騎打ち決定
新日本プロレス 中西学「猪木になる」

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!