ここ数年、大学入試の際に「数学」を必要としない学部・学科が、文系を中心に増えてきています。

“数学を勉強しなくてこの大学の学部・学科へ行けるなんてラッキー!”

…ほんとにそうでしょうか?

一部の大学で「やっぱり文系でも数学必須にして優秀な人間を確保したい!」という動きが出ていることもあわせ、ちょっと考えてみてください。

◆本投稿記事は、毎日更新中のZ会ブログ
http://www.zkaiblog.com/histaff/
の話題を元に、本サイトの読者層に合わせた形で修正しております。


J-CASTニュースの記事として紹介され、Yahoo!などにもリンクがはられたため、結構話題になった記事があります。

「数学不要にした私立大の入試 これが日本の教育歪める最大原因」
http://www.j-cast.com/2009/05/09040726.html

激しく共感します。


僕の今までの経歴や立場では…


・元々数学担当だったため、「数学に思い入れがあるからそんなこというんでしょ」といわれたり

・大学側ともいろいろお付き合いがあり、大学側が人集めに大変苦労しているため、心情的になかなかいえなかったり(「安易に」数学不要にしている学部学科もありますが、必死の思いで大学価値向上の戦略を考えた結果として数学不要と結論した学部学科もあるんですよね…)。

・Z会での数学の成績がものすごく悪くても司法試験や国家一種試験に通ったZ会OB・OGの実例を存じ上げていたり


などが絡んでいて、自らの口からなかなか言いにくいことなんですが、本記事をキカッケに申し上げると…

全体的に俯瞰すると、「数学不要」とする大学が増えることが、該当世代の学力低下に拍車をかけたり、高等教育(大学での教育)に支障を与えている

と感じます。



続きはこちら