【ぶれない仕事観シリーズ】 能力的な伸長・習熟のみが職業人の成長ではない。一個のプロフェッショナルとして屹立できるか―――これも見逃してはいけない観点である。

=========

私は、職業人としての成長の一つで、あまり語られないが重要なものとして

「個として強くなる」

ということを常に強調している。
(最新著『ぶれない「自分の仕事観」をつくるキーワード80』では、
そのテーマをまるごと一章に立てたほどである)

福沢諭吉の『学問のすすめ』は、実際、読んでみれば、学問のすすめというより
「独立自尊のすすめ」と言ったほうがいいくらいのもので、
それだけ、日本人という民族は、古来、一個人にしろ、一国家にしろ
「個として立つ」ことを苦手としてきている。

平成のビジネス社会にあって、「個として強くなる」とは具体的にどういうことか―――
それはさまざまに指摘することができるだろうが、
例えば、私は次のように考える。

□(会社名・役職を取り外し)一職業人として、自分が何者であるかを語ることができる
□日々に出くわすさまざまな情報・状況に対し、「自分はこう思う・自分はこうする」と押し出すことができる。それにつき他と論議ができる。そして建設的に持論を修正できる。
□どのように振られた仕事であっても、それを「自分の仕事」に変換して、主体的に実行できる
□自身の信念のもとにリスクを背負うことを厭わない
□反骨心や負けじ魂が強い
□我を狭く閉じて突っ張るのではなく、我を突き抜けたところで全体性を感じている
□自身を懸けることのできる大きな仕事テーマをもっている
□一人でいる時間を設け、大事に使っている
□独自性追求の心を失わない
 (そして、同様に独自性を追求している他人に対し、リスペクトできる)
□独自であるがゆえの孤独を知っている。そしてそのために、真の友・同志を持つ



続きはこちら