国内感染が確定しましたので、これからの新型インフルエンザ対策は実務的な対策が求められます。人事・総務担当者の業務負荷に注意しつつ、労務管理と備蓄、損害保険や福利厚生に対策資金を投入してください。

「新型インフルエンザ対策」についてお話しをする機会が増えていますが、個人的には、「未払い残業代解消」「メンタルヘルス」「リストラ」と同様に、人事・労務管理担当者が中心になる人事的な課題と考えています。

尚、今後はBCP「事業継続性計画」を策定してリスク対策をしましょうという発信が増えてくると思いますが、新型インフルエンザ対策を中核に据える対策に限定して言えば「もう手遅れ」だと考えています。
もちろん、火災や地震、テロや取引先の倒産などへの対応として考えるとか、CSRの一環とする、又はBS25999がISOになる予定に対応する、関連会社を含めたグループ経営に必要等であれば進めて頂いた方が良いのは言うまでもありません。

しかし、BCPはそのリスク想定をどのレベルにするかによって、対策の中身が大きく変わってくるだけではなく、社員が対応できないレベルの対策プランができあがるかもしれません。BCPが策定できた頃には、既に新型インフルエンザの第二波が蔓延しているかもしれませんので。

■実務者側を支援しているからこそ伝えたいこと
新型インフルエンザ対策ですがサプライチェーンが停滞して事業に影響があったらどうしますか?

それは、損害保険で対応します。又は、仕入先を変えて対応します。

自社が対策を済ませて、社員が多少欠勤しても業務が回るようにしておくことが重要で、どうにもならないならば保険で賄いましょう。というのがコンサルティングを行わずにアドバイザリーとして実務を支援する立場からのメッセージなのです。


続きはこちら