「エコノミー優先時代」とは経済性優先の時代であり、「エコロジー優先時代」とは環境性優先時代のことである。今回は、シリーズ2回目。

『エコノミー(経済性)優先時代』と『エコロジー(環境性)優先時代』を伝える2回目である。

『エコノミー(経済性)優先時代』で中心となる産業は工業。
そして、金融業。

現代の工業の中心は、実は、中東。
つまりは、石油産業。
(技術なら、日本と言いたいところだが・・・)

改めて、身の回りを見てみると、
何と石油由来の製品が多いことか・・・。

  例えば、今住んでいる住宅の多くは、石油由来だらけ。
  木材には、石油を原料とした接着剤や塗装剤が使われている。
  壁紙にも、カーテン・カーペットにも・・・、
  布ソファやベッドや布団・・・、
  何と、今では、畳などもプラスチック素材(石油由来)が多い。
  お風呂に使われている素材はFRP、これも石油から出来ている。
  テレビ・オーディオ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン、そして、パソコン、
  家電製品の外枠の多くはプラスチック製なので、みんな石油由来製品。
  肌着、シャツ、スーツ、スカート、コート、
  ほとんどがポリエステル・・・・の表示、
  つまりは、着ている衣料などは、もうプラスチック製品のオンパレードだ。
  外に出れば、アスファルトも石油由来。

と言う感じで・・・、
私たちは、いつも石油の上で生活し、石油の中で寝泊りしている、
と言っても過言ではない。

石油産業は素材産業・燃料産業だが、この素材産業・燃料産業の拡大をもたらしているのが、
日本を中心とした様々な加工業。
つまりは、機械工業や造船業や電機産業・・・。

さてさて、このような工業は、
まさに、大量生産・大量販売・大量消費・大量廃棄のサイクルにより、
発達してきた産業である。

そして、このような工業を作り上げた人間は、金融業を発展させて、

続きはこちら