ノア KENTAがマルビンを挑発

写真拡大

 プロレスリング・ノアGHCジュニアヘビー級王者のKENTAが8日、都内の同事務所で会見した。次期シリーズでの防衛戦を要求。次期挑戦者決定戦に臨むリッキー・マルビンを挑発した。



 3・1日本武道館で前王者の中嶋勝彦から王座奪還直後、正体不明の黒覆面男に襲撃され、不穏な第3次政権の幕開けとなったKENTA。その後も黒覆面男に襲撃を受けてきた。6日の武道館大会でも襲われたが、タッグパートナーの石森太二に救出された。その際、黒覆面男の正体がマルビンであることが判明した。



 5・18ディファ有明大会で次期挑戦者決定戦として石森VSマルビンが行われることが決定し、「どっちが来ても構わない。どっちと闘うことになってもベルトを渡すつもりはない」とキッパリ。さらには「勝った方と次のシリーズで防衛戦をやりたい」と5・30後楽園ホール大会から開幕する次期シリーズでの防衛戦開催を要求した。



 あくまで次期挑戦者については石森かマルビンか「どっちでもいい」とするが、黒覆面を被って再三テロ襲撃してきたマルビンへの恨みは消えていない。KENTAは「あんな覆面を被ってやってきて、これでリッキーが負けたら格好悪いだろうな」と執ようにプレッシャーをかけていた。

【他にはこんな記事も!!】
新日本プロレス 中西学「猪木になる」
新日本プロレス タイガーマスクがスーパージュニア制覇を宣言
新日本プロレス “野人”中西学がIWGPヘビー級王座初戴冠

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!