任天堂はニンテンドーDS向けに、かつてゲームボーイ(以下GB)で発売された「ポケットモンスター金・銀」のリメイクにあたる、
「ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー」を発売する事を発表した。
様々な要素が詰め込まれたゲームの遊園地とも言える同シリーズ。
どのようなリメイクが施されるのか。今後の情報に注目だ。

「ポケットモンスター金・銀」はGBで発売された「ポケモン」シリーズの2作目にあたる。
1作目より増えたポケモン、主人公を男女から選べるといった様々な新要素が加えられ、今でも同作をシリーズ最高傑作というファンは多い。
それが今回ニンテンドーDSでリメイクされ登場する。
発売は2009年秋の予定で、現在発表されているのはタイトルロゴのみ。
今後の情報に期待だ。

「ポケットモンスター」シリーズに対するゲームユーザーの反応は様々だが、よく見られる・聞かれるのは「子供向けではないか」というものだ。
確かに画面写真やキャライラストだけを見ればそう見えても仕方がないが、実際に遊んでみるとかなりやり込める要素が詰まっている。
本編をクリアするだけなら誰でもできるかもしれないが、ミニゲームやポケモン収集といった、寄り道要素も多く、見た目だけで判断するのは愚かだと言えよう。
同シリーズは「公園」や「遊園地」に似たイメージがある。
ゲームの世界には様々な遊びが用意されており、それを遊ぶか・遊ばないかはユーザーの自由。
お目当ての乗り物にだけ乗って帰るのもいいし、手当たり次第に乗って周ってもいい。
子供だけではなく大人も一緒になって楽しめる。
それが「ポケモン」というゲームなのではないだろうか。

イメージは人それぞれに浮ぶものがあるとは思うが、ファンにとっては嬉しいニュースに違いはない。
今のうちにGB版を遊んで復習しておくのもアリかも?

(編集部:林 裕之)

【関連記事】
女性ファン取り込めるか? 舞台版「戦国BASARA」発表
DSでは満足できないユーザーのためのPSP?
イースオンライン、キャンペーン実施も苦戦必至か?
対象層はだれ? パチンコホール運営ソフト発売
「ザ・キング・オブ・ファイターズ」最新作登場

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!