さて今年もまた、新入社員が各部門へ配属される季節が到来してきた。

配属先の上司や先輩社員たちは、次のような疑問をお持ちではないだろうか?

「今年の新入社員の特徴は?」

「どう接したらいいの?」

「どうすれば育てられるの?」

という声を各方面から多数いただくため、今年も2009年度新入社員の分析を実施した。

世間の声の通り、今年度の新入社員は従来の新入社員とは一風違った特徴を持つ。

その詳説は、今月中に掲載予定のコラム「新入社員育成の方程式2009」をご覧いただきたい。

ここでは、4つのタイプが、2009年度新入社員に関してどのような割合を占めているかを分析した。

その分析根拠は、

(1)2009年新入社員意識調査
    ※(財)日本生産性本部のアンケートデーター   
        http://www.jpc-sed.or.jp/index.html
     
(2)実際に今年度の新入社員と接した私自身の体験

(3)新入社員研修を終了した講師陣からのヒアリング

の3つのデーターから次の分析を行った。

まずは、おさらいから。

新入社員のタイプを大きく4つにわけると、
次のように大別できる。
これは、割合こそ入社年度毎に変化するが、
本質的な分類でありこの4つの型は変化しない。

その為、毎年留意すべきは、今年はどのタイプの人材が多く入社したのか?
という点である。


TypeA;トレンディドラマ型
    このタイプは、比較的人から注目を浴びたいタイプ。
    退職リスクは高めだ。
    理想と現実のギャップを知った時に、失望を感じる。
    しかし、理想を目指す分、新たな理想や目標があれば、
    モチベーションが上がるタイプだ。
    理想が現実とは異なることを知ったタイミングで、
    新たな理想(目標)を本人に設定させる。
    40歳でカッコイイ状態ってどんな状態か?
    (例;スポーツカーを乗り回す。クルーザを乗り回すetc..)

続きはこちら