ファミコン時代のゲームはドット絵で描かれ、リアルさはあまり感じない表現方法となっていましたが、ゲームの中で実際に起こっていることを描写してみると結構残虐な表現になるのではないかということで、現実感のあるイラストが描かれています。

詳細は以下から。残虐表現が苦手な人は気をつけてください。
8-Bit Fatalities - a set on Flickr

パワーエサを食べてゴーストをぶちぬくパックマン。


クリボーを踏んで倒すマリオ。


カービィ。ゲーム中では丸のみしているので実際はこんなことにはならなさそうです。


空気を入れて敵を破裂させるディグダグ。


魔法を放つ黒魔道士。これはけっこうコミカルです。


・関連記事
意外と残酷、ゲームのシーンを描いた絵 - GIGAZINE

ゲームキャラなどのちょっと変わった絵のステンドグラス - GIGAZINE

ゲームキャラになった有名人を写真で比較 - GIGAZINE

AOU2009でゲームキャラのコスプレで登場していたコンパニオンさんたち - GIGAZINE

元素記号表をゲームキャラクターで再現してみた - GIGAZINE

記事全文へ