オンラインメディアをやっている身としては、SEOmozの「ページをやたらと細切れにしてPV数を稼ごうとするメディアサイトの問題と解決策」は、非常に興味深い内容でした。

オンラインメディアをやっている身としては、SEOmozの「ページをやたらと細切れにしてPV数を稼ごうとするメディアサイトの問題と解決策」は、非常に興味深い内容でした。

その記事に対するはてなブックマークのコメントでも、「○○のサイトは腹がたつ」「やたらと細かく分割する傾向は止めて欲しい」など、既存サイトのページ分割に対する反感が目立ちましたし、Web担は(そしてWatchもそうですね)、自分が読者だったらという立場で考え、無駄なページ分割はしないようにしています(そのせいか1ユーザーあたりのPV 数は他サイトより少なくなりがちですが)。

FirefoxのアドオンにAutoPagerizeというものがあり、むやみにページ分割しているサイトでも便利に使えますが、サイトを運営する側が本当にそのページ分割が必要なのかを検討すれば、ユーザーがわざわざそんなツールを使う必要はありません。

この問題の根底には2つの論点があります。ユーザビリティ上の問題と、サイトのパフォーマンスをどの指標で判断するかの問題です。

ユーザビリティ上の問題は、客観データが必要ですし、ユーザー層によって異なるため、一概に結論は出せません(Web担でもユーザーテストでこの問題を見極める予定です)。しかし、指標の問題は比較的結論を出しやすいのではないでしょうか。つまり、広告主は単純なインプレッション数よりも、訪問者数に重きをおくべきなのではないでしょうか。


続きはこちら