がんばらずにやり遂げる方法なんてあるの?/濱川 智
「やる気が出ないからできない」と思っている人、違うんです。
やればやる気は後からついてくるんです。

やらない理由を探すことほど簡単なことはありません。

「今、忙しいから…」

「もっと重要な仕事があるから…」

「それは自分の仕事じゃないから…」

「そんなことをやるくらいなら、こっちをやったほうがいいでしょ?」

やらない理由なんて、すぐに100個くらい出きます。



原因は単純で、ただ「やる気」が起きないからなんですよね。



100個のやらない理由を考える時間があれば、たったひとつの「やり遂げる方法」を考えた方がいいのに、「やる気」がないからやらない方向に行ってしまう。

人間、そんなに「がんばりたくない」ようにできているのです。

ボクは個人的に「がんばないこと」を推奨していますので、ムリにがんばることもないと思います。

でも、「やらない理由」ばかり考えているだけじゃ、残念ながら成長は望むべくもありません。



心の奥底では、「やらなければいけない」と思いつつ、でも、行動に移せない…。



そんな状況をどう変えればいいのでしょうか?



どうやらその答えは「人間の体の仕組み」で説明ができそうです。



なぜ、やる気が出ないのか?その答えは



「やりはじめないと、やる気は出ない」から。というものらしいのです。



「」という本によると、人間は脳の「側坐核」が活動すると やる気が出るらしいのですが、この「側坐核」は何かをやりはじめないと活動しないそうです。



つまり、「やりはじめれば、やる気は出てくる」のです。



今、どうしても気分が乗らない、やりたくない…というときでも、やりはじめてしまえばやる気が出てくるということです。

そういえば、なかなかやる気が出なくて後回しにしていた仕事なのに、やりはじめたら、没頭していた…なんてことありますよね。



心の奥底では、「やらなければいけない」と思いつつ、でも、行動に移せない…。

この状況を変えるには


続きはこちら