【開国博通信vol.5】うきうき! Y150を子どもと楽しむには?(有料エリア編1)

写真拡大

 気持ちいいお天気に恵まれた5/2(土)。お出かけ日和ということもあってか、桜木町駅を降りると人で改札口が埋まるほど! 新型インフルエンザの影響が心配されたが、これを見る限り、それほどでもないのかも(マスクをしている人は少しいた)。

他の写真も見る: 会場はこんな感じで白い(この写真のみ内覧会時のもの)

 153日間の会期中、Y150のニュースを連日お届けしているこの「開国博通信」。わたしは「子どもと楽しむ」をテーマにレポートしてみようと思います。子どもがいる人はもちろん、姪や甥、友だちの子どもたちとY150を訪れる人も多いはず。今日の会場内でも、ベビーカーを押した親子連れや、おじいちゃおばあちゃんと一緒の家族を多く見かけました。子どもも大人も楽しめるY150をレポートします!

 今回は有料エリア編の1回目として、Y150のメイン会場「ベイサイドエリア」の中でも一番最初に訪れるだろう「Y150はじまりの森」から。

 その前にお伝えしたいのが、日焼け対策がマスト!ということ(これは子どもと出かけるか否かにかかわらずですね)。特に「Y150はじまりの森」は建物や地面が白で統一されているため、照り返しが強い。今日は人が多かったせいでそれほど感じなかったが、終わって帰ってくると、日焼け止めを塗って出かけたにもかかわらず顔が焼けていたし、目も紫外線にあたった感じの疲れがある。帽子はもちろん、子ども用のサングラスを持って行くことをオススメします。

 まず、子ども連れで出かける時に基本として気になるのが「トイレ」&「授乳室」では。特にオムツが外れる前の子どもや授乳中の乳児がいる人はそこがクリアされていないと出かけるのが億劫になってしまうもの。

「Y150はじまりの森」にはトイレは2か所。入口の右手と左手にある。個数は多いので、行列しているということはなく、スムーズに入れる。ただオムツを替えられる「多目的トイレ」は1室のみ。個室内にベビーキープはないので、小さな子どもとトイレに入るにはこの多目的トイレを狙うしかない。

 授乳室に関しては特に用意がなく、「多目的トイレで行ったほしい」とのこと。1室しかない多目的トイレで授乳するのは気が引けるし、そもそもトイレでの授乳は落ち着かないですよね。ミルクを事前に用意していくのがベターのよう。ちなみにお隣の「横浜ワールドポーターズ」には2階と4階にベビー休憩室がある。買物などの時にこちらを利用するのも手かも。

 今回はアミューズメントの話まで書ききれませんでしたが、次回「Y150はじまりの森」の子どもが喜ぶピンポイントなスポット、子どもと食べたいフードなどをレポートします!【横浜ウォーカー編集部員H】

【関連記事】
【開国博通信Vol.6−2】気分はペリー!? 黒船に乗ってきた!! (横浜ウォーカー)
【開国博通信Vol.6−1】GWの開国博は注目イベント花盛りで大盛況!! (横浜ウォーカー)
【開国博通信vol.3】Y150を4時間半で回ってみた! (横浜ウォーカー)
【開国博通信vol.4】黒船が再来航!当時の衝撃を体験せよ (横浜ウォーカー)
【開国博通信Vol.2】GW突入で、Y150が人気爆発です! (横浜ウォーカー)
【開国博通信Vol.1】開国博Y150、ついに開幕!! (横浜ウォーカー)