以前GIGAZINEでソニーがPSPの新型として「PSP2」または「PSP-4000」を発表するとみられていることをお伝えしましたが、新型PSPは高画質カメラと大容量メモリを搭載した「PSP Go」という名称になるかもしれないそうです。

タッチスクリーンを搭載するという話もある新型PSPですが、はたしてどのようなモデルとなるのでしょうか。なお、上記の画像はイメージ画像です。

詳細は以下の通り。
New PSP Named “PSP Go”, Sony Might Unveil At E3 | Technology Blog

この記事によると、ソニーは6月にアメリカのロサンゼルスで行われるコンピューターゲームの見本市「E3」において、新型のPSPを発表すると目されているそうです。

そして新型PSPはデュアルアナログスティックを備えたスライド機構を採用したモデルであり、UMDを廃止した上で、8GBまたは16GBのフラッシュメモリを内蔵したものになるとしているほか、新型の発売に合わせて新作ソフト「Gran Turismo Mobile(グランツーリスモ モバイル)」や100本以上の旧作PSPソフトをダウンロード販売するとしています。

また、ソニーはヨーロッパ市場においてビデオオンデマンドサービス「Go!View」と130万画素外付けカメラ「Go!Cam」のブランドを導入しており、新型PSPはカメラを内蔵した「PSP Go」というネーミングになる可能性があるとのこと。

ちなみにネーミングの候補として「PSP2」「PSP-4000」「PSP Slide」「PSP Flip」という名称も挙げられており、まず日本で9月に発売され、アメリカでは10月から11月にかけて発売されると推測されています。

・関連記事
新型ゲーム機や超大作ソフト登場か?ソニーが6月にゲーム事業に関する史上最大規模の発表へ - GIGAZINE

ソニーが開発中のPS3ソフトなどをプレイできるモニターを募集中、謝礼金付き - GIGAZINE

FF13体験版の登場を受けてPS3の販売台数爆増、圧倒的な差を付けて1位に - GIGAZINE

PS3で地デジの録画が可能に?周辺機器として地デジチューナーが登場か - GIGAZINE

記事全文へ