過熱するクッキングトイ!“実演スタジオ”まで登場

写真拡大

お手軽に本格的な料理が作れることから、幅広い層から支持を集めるクッキングトイ。このクッキングトイを実演するスタジオが4/30〜5/6(祝)の期間限定で、原宿の「キデイランド原宿店」内にオープンした。

他の写真も見る: これが“ぱぱしえ”北時大さんが考案したレシピ

初日にはセレモニーイベントが行われ、ゲストとして10歳の天才演歌歌手・さくらまやさんと「ぱぱしえ」(“パパ”と“パティシエ”をあわせた造語)代表のパティシエ・北時大さんが登場。さくらさんはデビュー曲「大漁祭り」を、北時さんはクッキングトイを使用した特製オリジナルレシピを調理を交えて紹介した。

スタジオに登場するクッキングトイの中で、特にプッシュされているのは、4月に発売されたばかりの「親子のたいやきくん」(3360円)と「生キャラメルポット」(3129円)。今年100周年を迎える「たいやき」、花畑牧場産で話題の「生キャラメル」など、どちらも今話題のスイーツを手軽に作れる本格派だ。

「親子のたいやきくん」のテレビCMにも出演中のさくらさんは、「たいやきは、抹茶やチョコの具を入れたものがおいしかった。チョコ以外にもアイスクリームも入れてみたい」とすっかり気に入った様子。「家でも自分でクッキングトイを使って料理する」とかわいらしく語った。

ゴールデンウィーク限定で登場するクッキングトイのスタジオ。原宿の繁華街で手軽においしそうなスイーツが目の前で作られていく様子を見れば、興味もグッと高まるはず。買い物ついでに足を運んでみてはいかが?【東京ウォーカー/中道圭吾】

【関連記事】
生キャラメルにたいやきも!“進化版”クッキングトイが続々 (東京ウォーカー)
“キャラメル味”続々登場 「キャラメル人気」の理由とは (東京ウォーカー)
生誕100年で盛り上がる「たいやき」の世界 (東京ウォーカー)