地上デジタル放送を普及させるためのイメージキャラクターが話題となっているそんな折、黄色いレオタードとシカのマスクを装着したヒーローが主人公のFlashゲームが登場しました。そのヒーローの名は『レオタード仮面』(すべての画像を見るにはこちら)。

ナゾの覆面クリエーター、“レオタード研究所”が制作したこのゲーム。説明には「黄色に輝くレオタード、鹿の仮面は正義のしるし!」とあり、このヒーローが正義の味方であることが分かります。彼が「深夜の公園で休息を取っていると警官に囲まれた」とのこと。全裸になったわけでもないのになぜ?義憤に駆られたレオタード仮面は、自らの特殊能力「電波のようなもの」で国家権力に闘争を挑む――というのがゲームの背景です。

ゲームを開始すると、画面外から警察官がワラワラとレオタード仮面を追いかけてきます。レオタード仮面は、マウスカーソルを追うように移動するので、警察官をかわしつつ、マウスカーソルの方向にクリックで発射する『電波のようなもの』により撃退します。ゲームが進むと、画面上に登場する警察官の数が増えていき、難易度がアップ。でも大丈夫!クリックを連打して全方向に『電波のようなもの』の弾幕を張り、次々倒していきましょう。

若干キナ臭いキャラクターや設定ですが、ゲームの雰囲気はどこか牧歌的な、ほのぼのしたものに感じられます。以前ご紹介した『セーラー服野球拳』のように、8ビットパソコンの時代を感じさせるドット絵グラフィックと色づかいが、大人のギスギスした心を和らげてくれるせいでしょうか。でも大人の筆者は、この『電波のようなもの』が、デジタルなのかアナログなのかが気になります(この記事の配信元はこちら)。

関連リンク
レオタード仮面(『モゲラ』にて公開中)

■こんなシカとゲームの記事も
“地デジカ” の無断美少女イラストに「断固として許さない」と民放連
草なぎ剛の逮捕を再現できるゲーム!? 全裸で暴れるゲームが『2ちゃんねる』で話題に
8ビット機の雰囲気に癒される?『セーラー服野球拳』
地上デジタル放送のキャラクター “地デジカ” の余命800日と判明!
2ちゃんでおなじみのFlashゲームイベント『Flash Game Festival ‘09』、ゲームコミュニティ『モゲラ』の協力で開催