亡国のイージス」や「終戦のローレライ」で知られる福井晴敏が2007年2月からガンダムエースで連載している小説「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」が、2009年冬にアニメ化されることが明らかになりました。

公式サイトでメインキャラクターやアニメ版スタッフが紹介されているほか、連載されているガンダムエースではアニメ化記念Tシャツが付録になっていました。

詳細は以下から。
2009年冬、ついにアニメ化決定! 機動戦士ガンダムUC[ユニコーン] MOBILE SUIT GUNDAM UNICORN
http://www.gundam-unicorn.net/

ガンダムエース6月号。表紙は機動戦士ガンダム THE ORIGIN。


「劇場化決定!!」というニュースは機動戦士ガンダム00のものでした。


水島精二監督のインタビューが掲載されています。劇場版でガンダム史上初の何かが起こるらしい。


ガンダムUCアニメ化決定のお知らせ。掲載されているイメージは公式サイトのものと同じです。


付録のオリジナルTシャツ。


柄はこんな感じです。


原案は矢立肇、富野由悠季。監督は「RD 潜脳調査室」「シュヴァリエ 〜Le Chevalier D'Eon〜」の古橋一浩、脚本は「戦国BASARA」や「PERSONA - trinity soul -」シリーズ構成のむとうやすゆき、キャラクターデザインは「桜蘭高校ホスト部」「カードキャプターさくら」の高橋久美子、メカニカルデザインはカトキハジメ、佐山善則、石垣純哉、玄馬宣彦。

放送形態は明らかになっていませんが、冬が非常に楽しみですね。

・関連記事
機動戦士ガンダムの30周年に期待すること第1位は「機動戦士ガンダム00に続く新作ガンダム」 - GIGAZINE

「機動戦士ガンダム00」劇場版が2010年公開決定、最終回放送直後に発表 - GIGAZINE

7年かけて設計図から製作まで1人で作り上げた全高7メートルのZガンダム - GIGAZINE

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の予告編流出、「式波・アスカ・ラングレー」も登場 - GIGAZINE


記事全文へ