4月24日付けの4gamer.netによると、日本一ソフトウェアがニンテンドーDS向けに「MARUHAN・パチンコ&パチスロ必勝ガイド協力 ザ・パチンコホール」を、6月25日に5040円(税込)で発売する事を発表した。
パチンコホールの運営を体験できるこのソフト。はたしてどういった層向けに作られているのだろうか?

この「MARUHAN・パチンコ・パチスロ必勝ガイド協力 ザ・パチンコホール」は、
全国にホールを持つマルハンと、「パチンコ必勝ガイド」「パチスロ必勝ガイド」の発行元である白夜書房の協力のもと開発。
プレイヤーはパチンコホールの店長となって、パチンコやパチスロ台の配置・新台入替、スタッフの雇用、イベントといったホールの運営を行う事となる。
また、「パチ検モード」ではパチンコ検定の勉強や模擬試験を体験でき、「図鑑モード」では1988年〜2008年までのパチンコ・パチスロ台の情報を見る事が可能。

さて、問題はパチンコホールの運営を体験したいユーザーがどれだけいるかという事。
パチンコ・パチスロファンはパチンコ・パチスロ台に興味こそあれ、ホールの運営にまで興味を持っている人の数は未知数。
パチンコをしない人のイメージもけっして良いとは言い難く、経営シュミレーションが好きな人がどれだけ購入意欲を持つかも未知数。
そういった意味では、このソフトがどのような層を対象に製作されているのかがわからない。
ごく少数向けに作られたソフトなのか、それとも一定の数は売れると踏んでいるのか。

メーカーが満足できるだけの本数を販売する事ができるか?
非常に興味深いところだ。

(編集部:林 裕之)

【関連記事】
「ザ・キング・オブ・ファイターズ」最新作登場
コーエーよ、無双ばかり出さないで。
ユーザーメリットは置き去り?ゲーム機の複数所持の現実に物申す。
有野課長の挑戦? 「ゲームセンターCX」のモバイルサイトオープン
PS3版TOVはアリ? それともナシ?


【参照】
4gamer.net

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!