ツラいことがあっても、ムシャクシャしたときも、ゲームが僕らを元気にしてくれる――。ゲーム世界と現実をごっちゃにしない、オトナのあなたにおススメできるゲームが『全裸祭』と『露出王』です(すべての画像を見るにはこちら)。

『全裸祭』は、奇才クリエーターの糞山が制作したFlashゲーム。画面を右から左へ流れていくキャラクターがはいている、ブリーフ、フンドシ、貝がら、葉っぱをクリックで脱がし、全裸にしていくアクションパズルです。同じ種類の着衣(?)を連続で脱がせると“全裸コンボ”。大量得点のチャンスとなります。全裸になっていないキャラクターが画面左に消えるか、全裸のキャラクターをクリックするとゲームオーバーです。

一見、下品なネタや下らないネタを、イルミネーションのように美しいドット絵調のグラフィックでアートの域にまで高めてしまう、糞山の手腕が光る作品です。これを遊んで、「わいせつ」と思う人はいないはず。光り輝く全裸のキャラクターが並ぶさまは、心地よささえ感じさせてくれるでしょう。

一方、『露出王』は、社会規範への挑戦(?)とも思える内容のFlashゲーム。主人公キャラクターが街なかでズボンを下ろし、露出による開放感がスコアに反映されるアクションゲームです。マウスの左右操作で街を移動し、止まった状態でマウスを下に移動させるとズボンを脱ぎます。通行人が来たらマウスを上に移動させてズボンをはきましょう。街には事件や超常現象がいっぱい。そこに集まる人ごみの前で露出すると、開放感(スコア)はさらにアップします。通行人に見つかるとゲームオーバーです。

こちらは、以前『UNCF』をご紹介したイナダの作品です。レトロ調のドット絵グラフィックが得意なクリエーターですが、本作では手描きのイラスト調グラフィックを採用。これにより、下品なゲーム内容をどこかユーモラスで温かい雰囲気に仕上げています。ゲームオーバー後に表示される評価のセリフにも、シャレの分かるオトナをニヤリとさせるユーモアが光ります。

いずれも、ゲームの中でしか不可能な、非日常のシチュエーションを楽しめます。実際に街で全裸になったり露出をしたら捕まってしまうのは、皆さんもご承知のとおり。ストレスの多い日常をゲームで明るいものにして、“くじけすにがんばりましょう!”(この記事の配信元はこちら)。

関連リンク
全裸祭(『モゲラ』にて公開中)
露出王(『モゲラ』にて公開中)

■関連記事
草なぎ剛の逮捕を再現できるゲーム!? 全裸で暴れるゲームが『2ちゃんねる』で話題に
今こそアツい!レトロアクションゲーム『UNCF』
『2ちゃんねる』でも有名人、あの“Jimさん”がFlashゲームをプロデュース!?
2ちゃんでおなじみのFlashゲームイベント『Flash Game Festival ‘09』、ゲームコミュニティ『モゲラ』の協力で開催
ゲーム内容にムカついたらゲームソフトを割るのがナウい?