任天堂が来月から動画配信サービス「Wiiの間」を開始することが本日明らかになりました。配信される番組は基本的に無料で、WiiだけでなくニンテンドーDSでも視聴できるようになるとのこと。

以前GIGAZINEで任天堂がWiiやニンテンドーDS向けに動画配信サービスの提供を検討していることをお伝えしましたが、どうやら実現するようです。

詳細は以下の通り。
任天堂、「Wii」向けに番組配信 5月から デジタル家電&エンタメ-最新ニュース:IT-PLUS

日本経済新聞社の報道によると、任天堂は5月から据え置き型ゲーム機「Wii」に番組を配信するサービス「Wiiの間」チャンネルを開始すると発表したそうです。

番組の内容は放送時まで明らかにしないとされており、視聴料は無料。Wiiのネット接続機能を生かして視聴者が番組を評価できる仕組みも取り入れるほか、番組をニンテンドーDSにダウンロードして視聴することも可能。

また、「Wiiの間」は利用者が作った自分のキャラクターがいる仮想空間にもなっており、空間内に広告を出している会社の割引クーポンをニンテンドーDSで受け取ることもできるとしています。

「Wiiの間」は自分のキャラクターがいる仮想空間ということですが、ソニーが提供している自分のアバターを自由に操作して遊ぶことができる仮想空間「PlayStation@Home」のように、自分のアバター「Mii」を自由に動き回らせることができるということなのでしょうか…?

いったいどのような番組が配信されるのかはまだ分かりませんが、ニンテンドーDSを使って通勤電車の中などで番組を視聴できるというのは非常に便利かもしれません。

・関連記事
その名も「ニンテンランド」、任天堂のテーマパーク建設を求める署名が開始 - GIGAZINE

普及率は70%以上?韓国の悲惨なマジコン事情が明らかに - GIGAZINE

任天堂のWiiが販売台数5000万台突破へ、普及ペースはPS3やXbox360を圧倒して史上最速に - GIGAZINE

「ニンテンドーDS」シリーズが販売台数1億台を突破、ペースは史上最速 - GIGAZINE

記事全文へ