ボクシング 亀田和毅 デビュー7戦目で初の日本人対決

写真拡大

 亀田家の三男、和毅がデビュー7戦目にして初の日本人対決を行うことが発表された。

 現在、メキシコで修行中の和毅は目下6連勝中と勢いに乗っている。今回は5月30日に東京都江戸川区スポーツセンターで第7戦を行うことが決定した。
 日本での試合は、2008年12月8日の栃木県立県南体育館で試合を行って以来5カ月ぶり。相手は勝又ジムに所属する雲林竜広で、和毅にとってはデビュー後初の日本人との対戦となる。試合は、バンタム級で初の6回戦の試合としてメーンイベントで行われる予定。

 日本人対決に臨むことになった和毅は、公式サイトを通じ「日本での試合が決まってうれしい。日本人選手との対戦はあまり意識していないが、日本のファンの方たちに、メキシコで成長した自分の姿を見てもらいたい」とアピールした。
 日本デビュー戦では2回KO勝利を飾り、ポテンシャルの高さを見せつけた。今回は進化した姿を見せられるか。

【他にはこんな記事も!!】
ボクシング 亀田大毅5・13戦予定通り開催
UFC 秋山 米国ファンがつけた新ニックネームを受け入れられず
戦極 吉田秀彦8月復帰に意欲

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!