5月13日に東京・後楽園ホールで予定していた亀田大毅の復帰4戦目が新展開を迎えた。亀田プロモーションの史郎社長は、自身のオフィシャルブログで予定通り開催する意向を示した。

 本来なら、大毅は復帰4戦目で元東洋太平洋フライ級王者の小松則幸さんと対戦する予定だったが、小松さんが13日に不慮の事故で他界。大毅も精神的ショックを受けており、興行の開催が未定となっていた。

 史郎社長は18日の自身のブログで「5月13日の興行をやらせていただくことになった。ボクサーは皆、死に物狂いで練習しとる。試合をなくすわけにはいかんと思う。大毅の相手も探してもらっている」と明かした。
 また大毅自身も、公式サイトで「俺はもう元気です。今はもう気持ち切り替えて体を動かしています」と復調を宣言している。

【他にはこんな記事も!!】
UFC 秋山 米国ファンがつけた新ニックネームを受け入れられず
戦極 吉田秀彦8月復帰に意欲
ボクシング 粟生がモリケンを表敬訪問 千葉で世界戦も

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!