久米田康治のマンガ「さよなら絶望先生」(週刊少年マガジン連載中)の3度目のテレビアニメ化が決まりました。タイトルは「懺・さよなら絶望先生」で、7月から全国のU局系にて放送開始。もちろんアニメーション制作はシャフトが担当、監督は新房昭之氏。キャストも変更なしとなっています。

詳細は以下から。
StarChild:懺・さよなら絶望先生

週刊少年サンデーから週刊少年マガジンに移籍した久米田康治が2005年から連載している「さよなら絶望先生」は2007年7月から10月にかけてテレビアニメ第1期が、2008年1月から3月にかけてテレビアニメ第2期(俗・さよなら絶望先生)が制作されました。2008年10月にはコミックスにDVDを同梱するOADシリーズとして「獄・さよなら絶望先生」が制作されるなど人気の作品で、テレビアニメの第3期が制作されるという噂はかなり以前に耳にしたことがありますが、ついに正式発表となりました。

これまでのシリーズと同じく、アニメーションを制作するのはシャフト。監督は新房昭之氏が担当。キャストにも変更はなく、オープニング主題歌は「大槻ケンヂと絶望少女達」によるものとなっています。

果たして第3期ではどんな尖った演出が見られるのか、楽しみです。

・関連記事
アニメ「俗・さよなら絶望先生」最終回、放送ミスで画面が縦長に - GIGAZINE

なんと「マガジン」と「サンデー」の編集部が提携、新雑誌を創刊へ - GIGAZINE

サンデー・マガジン大同窓会、有名漫画家たちがバースデーケーキに乗った50本のロウソクを吹き消すのに全力を見せるムービー - GIGAZINE

サンデーとマガジンの歴代作家たちがサインを寄せ書きした巨大Gペン・前編 - GIGAZINE

サンデーとマガジンの歴代作家たちがサインを寄せ書きした巨大Gペン・後編 - GIGAZINE


記事全文へ