CG-NUH04
 コレガは22日、さまざまなUSB機器をネットワーク上で共有できるネットワークUSBハブ「CG-NUH04」「CG-NUH01」の2モデルを発表。4月下旬に発売する。価格はCG-NUH04が7,875円、CG-NUH01が5,565円。

 両製品は、LAN端子を装備し、ネットワーク上の複数のPCでプリンタや外付けHDDなどのUSB機器を共有できるUSBハブ。CG-NUH04はUSB2.0ポートを4つ、CG-NUH01は1つ装備。双方向通信に対応し、プリンタのインク残量や用紙切れなどをリアルタイムに離れた場所から確認できる。

 ネットワーク設定とUSB機器の管理を簡単に行える専用ソフトウェア「NUHユーティリティ」や、設置に便利名マジックテープを付属。また、CG-NUH01はUSBハブを使用することで最大4台のUSB機器を共有できる。

 対応OSはWindows Vista/XP。LANは100BASE-TX/10BASE-T対応。CG-NUH04の本体サイズは幅94×高さ22×奥行き60mm、重さは68g。CG-NUH01の本体サイズは幅44×高さ22×奥行き42mm、重さは28g。

■関連ニュース
サンワサプライ、4つのPFキーを搭載するUSB接続テンキーボード――USBハブ内蔵モデルも
エレコム、USBハブ新シリーズ3モデル――「これハブ プラス。」の新モデルとカラフルなデザインモデル
日付・温度・アラーム機能などを備える多機能デジタルクロック搭載7ポートUSBハブ
バッファローコクヨ、USBポート2つを備えるコンパクトなミニノート向けテンキーボード
バッファローコクヨ、フリップスクロール機能搭載の有線レーザーマウスなど48製品の価格改定――最大約33%値下げ