スクウェア・エニックスがXbox LIVE アーケード向けに提供予定のシューティングゲーム「0 day Attack on Earth」と「プロジェクトCUBE(タイトル未定)」を発表し、トレイラームービーを公開しました。

ムービーが公開されたのは、東京やニューヨークなどを舞台に巨大な敵を相手に360度攻撃をするシューティングゲーム「0 day Attack on Earth」と、無数の弾が画面を埋め尽くす「プロジェクトCUBE(タイトル未定)」の2作品で、どちらもオンラインモードで世界中のプレイヤーとプレイできる仕様です。

詳細は以下から。
Xbox LIVE アーケード向けに新作2タイトルを発表YouTubeスクウェア・エニックス チャンネルでトレーラーを公開! | SQUARE ENIX

東京、ニューヨーク、パリなど実在する都市を舞台に繰り広げられ、有名な建物も登場するシューティングゲーム「0 Day Attack on Earth」。
YouTube - 0 day Attack on Earth 1st Trailer


敵の巨大生物はかなりの迫力。協力プレイもでき、ジャンルの違う「地球防衛軍」のような雰囲気となっています。








そしてこちらは主人公ロボット「LEO」となり、ヒロインロボットを再起動することが目的のゲーム。敵を倒すと血しぶき(のようなもの)がまわりに飛び散るといった表現がされています。
YouTube - プロジェクトCUBE(タイトル未定)トレーラー







どちらも2009年配信予定で、販売価格やプレイ人数は未定となっています。

・関連記事
2009年冬発売予定FF13の体験版「FINAL FANTASY XIII Trial Version」プレイレビュー、そして率直な感想 - GIGAZINE

色はクラウドブラックで160GBモデルの「PS3 ファイナルファンタジーXIII 体験版セット」フォトレビュー - GIGAZINE

新型ゲーム機や超大作ソフト登場か?ソニーが6月にゲーム事業に関する史上最大規模の発表へ - GIGAZINE

新作登場か?「アーマード・コア」の公式サイトで謎のカウントダウン開始 - GIGAZINE

記事全文へ