ファミコンが誕生して数十年。ゲーム業界のシンプルな構図が時代とともにどんどん複雑化してきている。たとえばファミコン時代のお金の仕組みをカンタンに説明すると、ソフトメーカーがハードメーカーに対して売り上げの数パーセントを支払うというシンプルなものだった。

しかしここ数年のゲーム業界ではハードメーカーがソフトメーカーに “お金をあげるので作ってください” と、数億円の援助をすることが普通になっているようなのだ。

このことについて元・ファミ通編集者であり現・ゲーム記者のN氏はこう語る。「今までもハードメーカーがソフトメーカーにお金を出すことはあったんですよ。でも、億単位の支援はビッグタイトルだけだったんですね。それがここ最近、信用のあるソフトメーカーに対してけっこう億単位の支援をするようになったんです」。

ハードメーカーは自社のハードで人気ゲームをどんどん出して欲しいので、たとえ支援として数億円のお金をソフトメーカーにあげたとしても、活気が出るので損をしているとは思っていないようである。損どころか、そのゲームがヒットすればソフトメーカーからロイヤリティがもらえるので大もうけとなる。なんとも、うまくできたお金の回し方だ。
 

このニュースの元記事を読む

■関連記事