答えや正解を待ち、自ら考えようとしない。マニュアルを求め、自ら見つけようとしない。そんな傾向が高い今どきの新入社員。その原点の一部が“挨拶”から感じられました。

今年も何十社というクライアント様から、新入社員研修の依頼をいただき、フル回転中の毎日ですが、
某企業様の新人研修の初日にこんなことがありました。


研修初日は入社式の翌日。
研修開始前〜スタート〜小休憩〜昼食休憩〜と、なんだか違和感がありました。
考えてみると、「おはようございます」「よろしくお願いします」「お疲れ様です」「失礼します」「ありがとうございます」など、
挨拶の言葉が彼らフレッシュビジネスパーソンたちから一切出ていなかったのです。
もちろん、私からは「おはようございます」「よろしくお願いします」「お疲れ様です」と
節目節目に発しました。
中には、その言葉に反応して、言葉を返してくれるフレッシュビジネスパーソンも何人かはいました。
でも、自ら率先して挨拶する姿が見受けられません…

よくよく観ていると、社内の研修担当者や採用時からの顔見知りである人事担当者には、自ら挨拶や声かけをしている姿が見当たります。

そこで、午後の研修開始時に、彼らに聞いてみたのです。
「朝から半日、ご一緒していますが、皆さんから挨拶の声がかからないのが、私としては不思議です。何か理由があるのですか?」

すると、ひとりが答えてくれました。
「知らない人には、自分から声をかけるものではないと思います」

答えてくれた方を含め、複数の方の話を聞くと、
彼らは子供の頃から“知らない人に声をかけたり目を合わせたりしてはいけない”と大人に言われ続けて育った過程があるとわかりました。
研修担当者や人事担当者は“知っている人”で初対面の私は“知らない人”ということです。

「挨拶ができない」のではなく「挨拶の定義が違う」のです。


続きはこちら